全体

比叡山中学:全体/地震を想定した「避難訓練」を実施しました! 

令和元年5月27日(月) 更新

image
image
image

 5月27日(月)、中間試験が終了した3時間目、「総合的な学習の時間」に、地震を想定した「防災避難訓練」を行いました。

 今年度最初の避難訓練でもあり、まず学級担任とともに自分のHR教室から緊急避難場所のグラウンドまでの避難経路を確認することができました。避難指示の校内放送から「2分49秒」で、全校生徒が避難し点呼を完了することができました。その後、竹林校長先生からの講評と小田先生からの注意を聞きました。

 
 ここで「備えることの重要性」を確認しておきます。
 
 @「備えの重要性」について
   ・『備えあれば憂いなし』の言葉のように、災害が発生した時の備えが重要です。避難訓練はまさにこれを目的としています。
 
 A「避難は早さが重要」について
   ・人員点呼も含めて早く!

 B「訓練でも真剣な取り組みが大切」について
   ・「押さない! 走らない! しゃべらない! もどらない!」を徹底して、真剣に取り組む。