全体

比叡山中学:全体/今朝の「朝礼訓話」を紹介します!

平成31年4月10日(水) 更新

 4月10日(水)、今朝の「朝礼訓話」を紹介します。

 「朝礼」は、学園が大切にしている時間で般若心経を唱え、学園歌と校歌を歌い、全校が一堂に会して訓話を聴きます。訓話は、学園長先生・校長先生・教頭先生と各先生方にもお願いして、持ち回りで担当しています。総合的な学習の時間に位置づけており、いろんな人がいろんな立場でさまざまな話をすることで、多くの知識や発見が得られ、ときには共感して、健やかな心を育てています。全校生徒が静かに一つの話しを聴く習慣が、いつのまにか集団の連帯感や一体感が育ち、毎日心を落ち着けたまま、一時間目の授業につなげられています。

 
 今朝は、今年度最初の訓話で、教頭先生のお話でした。

 1年生は、昨日が入学式で比叡山中学での生活が始まって2日目。入学式はさぞかし緊張したことでしょう?でも、みなさんはしっかりと返事ができ、堂々として立派でした。早く中学校に慣れてください。2・3年生も,新しいクラスになって新学期がスタートしたばかり、新しい人と出会えるきっかけができワクワク・ドキドキしていることでしょう。新たな気持ちを持って、頑張ろうとしている姿が感じられ、頼もしく見えます。

 さて、これからの学校生活を送っていく上で、「自分の命を守る力」「友達の命を支えたり守ったりする力」を、しっかりと身につけることが大切だと思います。たった一つの尊い命だから大切にしなければいけないと思います。

 事故や大きな怪我などがなく、毎日元気に学校生活を送ってほしいと思っています。4月になり、大人も転勤や進学などで、道路に不慣れな車や自転車がスピードを出して運転しているかもしません。「交通安全」にも十分に気をつけてほしいと思います。先生方には「通学指導や下校指導」をお願いしています。今朝も、JR比叡山坂本駅・京阪坂本比叡山口駅・生源寺の交差点に立って、見守りをいただきました。特に、1年生の慣れない通学路を安全に登下校できるように、見守っていただいています。

 学校は、安全なところというイメージがありますが、結構危険な場所があります。階段・段差・出っ張りなど気をつけなければいけません。だから、「教室や廊下を走らない。」「階段でふざけない。」ということを徹底してください。 
 
 4月は、自分の命、友達の命を大切にしようとする気持ちをもつ、大切な月にしたいですね。「たった一つの命だから」

 「たった一つの命だから」の言葉の後に、皆さんなら、どう決意し、考え、どう続けて書きますか?