全体

比叡山中学:全体/今日の「朝礼訓話」を紹介します!

平成30年6月2日(土) 更新

 6月2日(土)、今朝の「朝礼訓話」を紹介します。「朝礼」は、学園が大切にしている時間で般若心経を唱え、学園歌と校歌を歌い、全校が一堂に会して訓話を聴いています。
 今朝の訓話は、教頭先生が担当でした。


 中間試験の答案用紙が返却され、1学期も後半に入ることになります。勉強と生活面で、次の成長に向けて振り返りと目標設定が必要な時ではないでしょうか?

 ある学級日誌の所感に「全体的に、雑になっている気がします。」とのコメントがありました。

 特に、人に対して雑になった時にトラブルが起こりがちです。家族・兄弟であっても、気まずくなったりケンカをしたりする場合、たいていは相手に対して、思いやりがなく丁寧に対応していないことから起こっています。普段から、親しい友人同士であっても、なおさらのことです。誰に対しても、対人関係を上手くするためには、「丁寧さが欠かせません!親しき仲にも礼儀あり!」という精神をいつも心のどこかに持って、校訓の「己を忘れて他を利す」を実践することではないでしょうか。

 学習面でも、ノートを新しくして1ページ目から書き始める気持ちを常に持てるといいですね。真っ白のページに、「丁寧な字で書こう!」という気持ちがあるだけで、丁寧な学習を習慣づけられると思います。

 勉強では中間試験と期末試験の間、部活動も春季大会と夏季大会の間であり、気持ちが緩みがちだと思いますが、「何事にも丁寧な対応」を心がけてください。