2年

比叡山中学:2年/「スマホ・ケイタイ人権教室」を行いました!〜言葉には力がある〜

平成30年9月14日(金) 更新

image
image
image

 9月14日(金)4時間目に、2年生が一斉に図書室で、総合的な学習の時間を使って、「スマホ・ケイタイ人権教室」を行いました。

 この教室は、大津地方法務局および人権擁護委員連合会と株式会社NTTドコモが連携して実施されています。近年の情報通信技術の向上と普及に伴い、スマートフォンや携帯電話が、最も身近なコミュニケーションツールとして中学生にも広く浸透しているところ、一方では無料通話アプリやインターネット掲示板を利用した生徒が、思わぬトラブルに巻き込まれたり、インターネット上での「いじめ」に遭うなど、社会問題化しています。こうした状況に対応するため、スマートフォンや携帯電話を使用することに伴う危険性や、使用にあってのルール等について、専門家から直接学ぶことで、インターネット上での「いじめ」の発生を防止するとともに、万一被害等に遭った場合に、法務局や人権擁護委員への相談利用の周知を図ることを目的として進められています。
 
 最初に「スマホ・ケイタイ安全教室」として、NTTドコモの方に動画を見せていただいたり、「言葉のもつ力」について、分かりやすく説明していただきました。終わりに、「人権教室」として人権擁護委員の辻田さんにパワーポイント使いながら人権の尊さについてのお話をいただきました。