延暦寺学園 > 比叡山高等学校 > 麻しんについて(経過報告)

麻しんについて(経過報告)

平成25年2月13日 更新

2月7日に、本校1年生男子生徒が臨床診断において麻しん(はしか)と診断されましたが、その後、麻しんに対する確定診断の遺伝子検査において陰性であったことが判明しました。

先週より1、2年生全員の生徒のみなさまにお願いしておりましたご自宅での健康観察は、本日で終了させていただきます。

ただし、麻しんの予防接種を一度も受けていない方、または一度だけ受けている方は、麻しん(はしか)発生時に感染する可能性が高くなりますので、健康状態の良好な時に予防接種を受けられますことをお勧め致します。

今後も、インフルエンザ・ノロウイルスなどの感染症がいつ、どのような状態で流行するかわかりません。ご家庭におかれましても感染予防や予防接種などにご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

同様の文書を、本日、生徒を通じて、1・2年生全員の保護者の方に配布させていただきます。
。→配布プリントはこちらです。