延暦寺学園 > 比叡山高等学校 > 日食の注意

日食の注意

平成24年5月18日 更新

5月21日(月)の朝、日食が起こります。
時間帯は、午前6時20分ごろから9時ごろまでで、7時30頃が中心です。

2点注意があります。

(1)交通安全
 太陽がリング状に見える最も注目の時間帯は、午前7時30分頃で、朝の通学時間と重なります。通学途中の道路上などで興味の赴くままに見上げてしまうと、目を傷めるおそれがあるだけでなく、交通事故にあう危険性も高くなります。通学途上でで道路を歩きながら,また,自転車に乗りながら空を見上げることは、交通事故の恐れがあり非常に危険です。また,車やバイク、自転車がよそ見運転をしているかも知れません。くれぐれも交通事故に注意してください。

(2)太陽を見るとき
 太陽観察の際は、紫外線など目に有害な光線がきちんと遮光された「日食グラス」など、太陽観察専用の製品を使いましょう。黒色の下敷きや一般用サングラスなどを使っての太陽観察は極めて危険です。失明の危険があります。また、専用の「日食グラス」でも、双眼鏡などとの併用は,大変危険ですので絶対にやめましょう!

テレビなどでも、日食時の注意喚起が行われると思います。よく聞いておいてください。

※学校は通常の時間割通りで変更はありません。