図書館利用・新着図書案内

本校図書館は、新校舎1階の昇降口を入ったところにあり利用しやすい環境にあります。図書館からは琵琶湖が一望でき、廊下側も総ガラス張りで明るく入りやすい作りとなっています。現在蔵書数は3万2千冊ですが、6万冊以上の収容が可能です。

開館時間(原則)

image
  • 平日    7:45〜17:30
  • 土曜    7:45〜14:00
  • 休校日   閉館
  • 長期休暇  図書室入口に掲示します。

貸出・返却について

  • 一度に5冊まで2週間借りられます。長期休暇中は15冊まで借りられます。
  • 貸出は受付カウンターにて、返却は入口の「返却BOX」に返してもらっても結構です。

リクエスト・予約について

image
  • 検索パソコンで確認の上、所定の用紙に記入し、係に渡してください。
  • リクエスト、予約とも手元に入りしだい、カウンター書架に並べます。
    急ぐ場合は、本人に届けます。

新聞

「朝日新聞」「読売新聞」「毎日新聞」「産経新聞」「日経新聞」「京都新聞」「週刊ST」

雑誌

「文藝春秋」「新聞ダイジェスト」「日経PC21」「芸術新潮」「ニュートン」「KOTOBA」「ナショナルジオグラフィック」「スクリーン」「アエラ」「ジュニアアエラ」「ナンバー」「オレンジページ」「ソトコト」「ダヴィンチ」「クーリエジャポン」「湖国と文化」「KATUKURA」「ディズニーファン」「CDジャーナル」ほか

図書委員会

執行部―――カウンター係、広報係、製本係、展示・ポスター係、蔵書点検・統計係
       「新着図書案内」発行、「図書だより」発行、「図書委員のおすすめ」発行
       「読書ポスター」制作、文化祭参加、「読書アンケート」、本の買出し、
        国立国会図書館見学実施

読書週間について

  • 読書習慣を身につけるため、全校一斉に読書をする週です。
  • 各自好きな本を持参し朝礼時、およびLHR時に精読します。

学級文庫について

  • 比叡山高校推薦図書(50冊)を含む69冊を3年間で読破できるよう教室に配置します。
  • 貸出手続きなしに自由に借りられる本です。「読書週間」にも利用できます。

比叡山高校推薦図書50選

image
  1. 読書になれない人への入門編

    「重力ピエロ」伊坂幸太郎
    「桐島、部活やめるってよ」朝井リョウ
    「夏の庭」湯本香樹実
    「夜のピクニック」恩田陸
    「モモ」エンデ

  2. 心暖めるために

    「悩んでなんぼの人生よ」森毅
    「永遠の出口」森絵都
    「十二番目の天使」オグ・マンディーノ
    「星の王子さま」サン・テグジュペリ

  3. 青春像のいろいろ

    「坊ちゃん」夏目漱石
    「若き人びとへの言葉」ニーチェ
    「ボクの音楽武者修行」小澤征爾
    「螢川」宮本輝
    「蝉しぐれ」藤沢周平

  4. 人間の生き方いろいろ

    「福翁自伝」福沢諭吉
    「あとから来る君たちへ」鍵山秀三郎
    「マクベス」シェイクスピア
    「青春とは心の若さである」ウルマン

  5. 近江・比叡山を知るために
    「雲と風と」永井路子
    「近江の文学」滋賀県国語教育研究会
    「滋賀県の歴史」山川出版

  6. 科学を面白く読み、自然環境を守るために

    「旅人」湯川秀樹
    「一番大事なこと」養老孟司
    「空気の発見」三宅泰雄
    「沈黙の春」カーソン
    「聞かせてよ、ファインマンさん」ファインマン

  7. 社会を面白くさせるために

    「もの食う人びと」辺見庸
    「常識の世界地図」二一世紀研究会
    「愛の法則」米原万里
    「異文化理解」青木保
    「アンネの日記」フランク

  8. 古典・歴史を面白く知るために

    「古代への情熱」シュリーマン
    「自分の中に歴史を読む」阿部謹也
    「ハシモト式古典入門」橋本治

  9. 名作文学いろいろ

    「山羊の歌」中原中也
    「智恵子抄」高村光太郎
    「仮面の告白」三島由紀夫
    「沈黙」遠藤周作
    「黒い雨」井伏鱒二
    「こころ」夏目漱石
    「砂の女」安部公房
    「春琴抄」谷崎潤一郎
    「人生について」小林秀雄
    「車輪の下」ヘッセ
    「老人と海」ヘミングウェイ
    「オーヘンリー短編集」
    「罪と罰」ドストエフスキー

  10. 小論文にむかう前に

    「常識日本の論点」文藝春秋社
    「朝日キーワード」朝日新聞社
    「地球環境キーワード事典」環境庁
    「小論文これだけ」樋口裕一

日本十進分類法(NDC)について

image

図書館の本は、原則「日本十進分類」という法則にのっとって分類されています。それさえ理解していれば、どこにどんな本が並んでいるかは簡単に探すことができます。大きくは、総記、哲学、歴史、社会科学、自然科学、技術、産業、芸術、言語、文学という十に分類され、さらにそれぞれが細分化されます。本の背表紙にはられた3桁の数字が「日本十進分類」と呼ばれるものです。図書館には、細かなサインが施されていますから、覚える必要はありませんが、使い慣れれば大変に便利で、大学や公共図書館でもおなじように使えます。